読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちのBUMP OF CHICKENは死んだ。

 

間違いなく日本一だ。この頃の藤くんにレスポールで殴られて死にたい。

そしてヒロはチューニング治せ、あとギターソロを弾かせろ。

みんなバンプは好きかい、私は大好きだ。というより、ロックに、音楽に傾倒するきっかけを作ったのがバンプで、気だるそうな喋り方を真似だしたのもバンプからで、暗黒の学生時代を一緒に過ごしたのもバンプだった。大仰なことを真面目に言うのも恥ずかしいけど、バンプは私の人生を変えた。良い意味でも悪い意味でも。そういう人、多いんじゃないかな。

https://youtu.be/zATrOuOUu3E

 

この歌詞よ。何回人生繰り返したら出てくるんだよ。

 

歌詞で売ってるバンドはどうもありきたりで、嘘臭さが拭えないからあまり好きではないのだけれど、バンプの歌詞は上手くそこを抽象化させてて、かといって決して無機質な訳ではなく、一通りアルバムを通した後に何か大切な真理が分かった気になれる。僕のことなんかひとつも知らないくせに恐ろしいセンスだ。

f:id:nayuttttttt:20160907211442j:image

そして私が敬愛して最も尊敬するフロントマン、藤原基央の存在があまりにも大きい。人間本当に好きなものに対しては上手くものが言えないらしく、彼が如何に私の人生に影響を与えたのか説明し辛いが、一時はマジで藤原基央になろうとしてた。親の顔より見てた。ずっと猫背だった。いやそんな生半可なもんじゃないけどね。

 

 

 

そして、急に全く彼らの音楽に触れなくなった。興味が持てなくなった。

それはヒロがめちゃくちゃ丁寧なアルペジオ弾けるようになったり、贔屓目に見てもダサいEDMを作り出したのもあるけど。目に見えて彼らは死んだのだ。

バンプは魂を捨てた。彼らの一番大事な部分がいつの間にか消えてしまっていたのだ。わざわざ文字に起こしておいて何が駄目になったのかを音楽的に説明することができないんだけど、例えば彼らの最新アルバムの曲を他のアーティストや下手をすればアイドルグループがカバーしても何の遜色もなく耳に通ってくるだろう。それでいいのか?いいわけが無い。あの童貞臭い、汗臭い、パワーコードかき鳴らしてた粗いバンプはもう跡形もない。確かにそれは仕方ない。紅白にも出た以上幅広く支持されることをしなきゃいけないのは分かるが、私はそんな変わり果てた彼らの音楽なんて絶対に聞きたくない。時代とか歳のせいにして欲しくないし、そんなことを思っているのなら解散してくれた方がよっぽどありがたい。

一回だけでいいから生き返って欲しい。魂を叫んでくれよ。

 

 

 

あー、全然上手く言えなかった。